ダイエットしている女性
CTスキャン

症状や種類

子供の腸閉塞は、年齢によっって症状や腸閉塞の種類に違いがあります。ミルクを飲み始めて発症したり、先天的な場合も少なくありません。壊死性腸炎や腸腫瘍、そして大人にも多い糞便性イレウス等、全て適切な症状が緊急で行う必要が多い症状です。

この記事の続きを読む

点滴中

原因を知る

腸がねじれたりくっついたりして起きる腸閉塞は、激しい痛みと吐き気や嘔吐に襲われます。予防するためには食生活に注意し、消化の良い食品を意識して摂るようにすることと、運動習慣やストレスを溜めない生活を心がけましょう。

この記事の続きを読む

男女の外国人医師

腸閉塞の症状

食べたものを消化吸収する役割を持つ腸ですが、腸閉塞ではこうした消化吸収の働きができずに急な腹痛や吐き気が発生します。治療方法も、人によって異なる原因によって変わってきます。

この記事の続きを読む

避けるべきこと

注射とアンプル

腸閉塞になりたくなければ、食事の仕方に気をつけるべきです。とくに、腸を手術した人は癒着によって腸が狭くなります。詰まりやすくなるので、食事の摂り方に注意しましょう。 基本的に食べ物はよく噛むこと、早食いや大量に食べることは避けるべきです。これらは、腸閉塞の予防のためだけでなく、どんな病気を予防するのにも言えることです。これらを守ることは絶対として、なるべく避けた方がいい食べ物は何かも知っておきましょう。 腸閉塞の予防のためには、できるだけキノコ類や海藻類は避けた方がいいです。これらは体にとても良いのですが、消化があまり良くありません。消化されにくいものを食べると、腸閉塞になる可能性が高まってしまいます。

腸閉塞になる可能性が高まる時期は、年末年始と言われています。年末年始は多くの人が仕事や学校が休みで、つい食べすぎてしまうことが多いのです。さらに、休み中と言うことで、運動不足にも陥りやすくなります。とくに、正月はお節を食べると言う人がたくさんいますが、お節には消化があまり良くないものが入っています。昆布やごぼうやたけのこは、腸閉塞の予防では避けた方がいいと言われる食材です。 もちろん、絶対に食べてはいけないと言うことではありません。適量をよく噛んでゆっくり食べればいいのです。暴飲暴食はいけません。大型連休をきっかけとして体を壊す人は多いです。消化に良いものと悪いものを知っておくのも大事になります。