ダイエットしている女性

症状や種類

CTスキャン

腸閉塞は、腸に溜まった排泄物が肛門に向かって通過できなくなる症状です。医学的にはイレウスと呼ばれており、腸の閉塞は、小腸も大腸も起こりうる特徴があります。 通常は、後天的なもので、腸が詰まって食べ物が詰まって排泄されなくなるのですが、先天性疾患が原因である場合、出生時には既に腸閉塞が始まっており、早期の手術が求められるケースも多いとされています。 乳幼児であれば、先天的に十二指腸や胃が閉塞しているので重い病気であり、生まれる前に診断される事もあります。 ほかにもミルクが腸に詰まってしまう生後すぐに起こる壊死性腸炎や、生後半年から2歳ぐらいに幼児に罹る消化器疾患である腸腫積があります。 さらに小学生位の子供でも様々な腸閉塞が発生する事も多いとされています。

医学用語のイレウスである名称で使われるのが糞便性イレウスですが、便秘が慢性化してしまい、硬い便が腸を塞ぎ、激しい腹痛と腹部の張りを引き起こして、危険な状況に陥り、便が逆流して嘔吐するといった症状が目立ちます。 とくに市販薬を使うのも逆に危険度が高くなります。腸が詰まっているのに便に刺激を与えると、薬の作用により、便が活発に動き出して、腸管が破裂してしまう恐れがあります。 故に糞便性の腸閉塞とは、末期症状の便秘として捉えられ、悪化してしまうと糞便性イレウスは、通常の便秘対策をしても治る事はありませんから、早めに病院で適切な治療をしてもらう事が重要です。 自覚症状が少ない便秘による腸閉塞ですが、自然と治癒する事も、自身で治療する事も絶対に行わないようにして下さい。