ダイエットしている女性

腸閉塞の症状

男女の外国人医師

腸閉塞とは、摂取した食べ物や消化液が腸の中で滞っている状態の事を言います。人間の体は食べ物を摂取すると、胃で消化をして腸で吸収が行なわれます。そして残った物が便として体外に排出されるのです。この自然な流れが、何等かの理由で腸で滞ってしまうと腸閉塞になってしまいます。 原因としては、外部からの腸への圧迫や、開腹手術の術後に腸の壁が捻じれて癒着する事等があります。 代表的な症状としては、突然起こる激しい腹痛や嘔吐があります。腹痛には波があり、激しい痛みと痛みが和らぐという状態を交互に繰り返します。また、一度嘔吐をすると、腹痛や吐き気が和らぐケースも多いです。 ちなみに、閉塞が起きている原因によっては激しい腹痛がずっと続き、顔面蒼白や冷や汗といった症状が出る場合もあります。

腸閉塞の治療方法は、閉塞を起こしている原因によって異なってきます。腸間膜が圧迫されたり、捻じれたりしている事が原因の場合には、手術を行なう事が多いです。腹部を切って、癒着等を起こしている患部を治療します。ただ、手術を行なうと、更に新しい癒着を誘発してしまう可能性があります。そのため、手術を行なうのは、症状が重い場合等に限定されます。 上記のような場合以外の治療方法としては、保存療法を行なうのが一般的です。食事や水を飲む事を制限して腸を休ませます。また、腸の内容物が大量にある場合には、鼻から管を通して内容物を吸い上げるという処置が行なわれる事もあります。 腸閉塞は自然に治る事は期待出来ない疾患です。そのため、激しい腹痛等が起きたら、速やかに病院を受診する事が大切です。ちなみに、治療費に関しては、一般的には5〜7万円程度かかる事が多いと言われています。